フィナステリド ミノキシジル 副作用

ミノキシジル・フィナステリド、実際に服用開始してみた!同時、課題、心配など

はじめに

このほど、私、ミノキシジル・フィナステリドの服用を開始しましたので、その状況について解説します。参考になれば幸いです。



なぜ、服用開始したのか?

私はこれまで、気が付けば、そこそこ多くの育毛手段にトライしてきておりますが、目立った効果がありませんでした。当時は若かったので、そこまで、薄毛の状況がひどくなかった、ということで気にならなかったのかもしれません。

つい先日まで、「もう年だから、ハゲでもいいや」とも思っていたのですが、ここにきて、育毛活動を復活させることにしました。理由は2つあります。



(理由1)自分の薄毛が悪化した

理由の一つは、自分の薄毛の状態が悪化してきたこと。その状況は以前の記事で触れています。



(理由2)ネット広告で、ミノキ・フィナ同時服用が効果ありそうと知ったから。

もう一つの理由は、ネット広告に感化されたこと。YouTubeの広告でAGAクリニックのものが出てきて、いつもはクリックすることはないのですが、なんとなく、その広告をみてみました。店舗型のAGAクリニックなるものは昔から存在しており、月数万円かかるところもあるそうです。今回、広告で出てきたのは、オンラインで診断できるというもので、オンラインということで月5千円しかかからないそうですが、そのクリニックでやっていることは、結局は、薬の処方にすぎないということがわかったからです。

私は、ミノキシジル単体服用は、やったことがあって、そんなに効果がでなかったのですが、その広告は、私がこれまでやっていなかった、ミノキシジルと、フィナステリドを両方とも服用する、というものだったのです。

「ミノキシジルとフィナステリドの両方を服用するのか!」

と、納得がいった瞬間でした。薬の服用ということであれば、個人輸入で薬を購入するだけなので、自分でできそうと思ったわけです。



私の場合育毛治療→薬服用の内容

私の薬の服用は以下のようになります。夜にミノキシジルとフィナステリドを服用することだけです。薬の用量は、将来は状況を見ながら、おそらく減らしていく予定です。

項目内容
服用の薬と量・ミノキシジル 5mg/日
・フィナステリド 0.25mg/日
服用のお時間夜22時頃服用
私の薬服用の状況


ちなみに以下の薬になります。



フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

また、以下の記録、チェックを行う予定です。

・頭髪の写真撮影
・副作用による心身の異常有無の記録(浮腫み等、性欲減退の状況)
・脱毛量の記録(フロの排水溝にたまった毛髪の量)
・定期的な血液検査の実施(特に肝機能)



心配事は?期待のほどは?

副作用

オオサカ堂のレビューを見ていると、どんな副作用が起こるのかが、だいたいわかります。服用が長期に渡りそうなので、心配なのは、やっぱり副作用ですね。



献血に行けなくなった→フィナステリド

献血に行ったことのある人ならわかりますが、献血前のチェック項目に、プロペシア(フィナステリド)を服用しているかどうかを聞かれます。服用していると献血はできないです。私の場合、健康診断目的で献血していたので、献血にいけないとなると、別の方法で、血液をチェックする方法があります。血液検査キットか、人間ドックにいくことになるでしょう。



やめられない問題

一番、気にしているのは、これ、「やめられない問題」。薬の服用で、育毛に成功したとしても、服用をやめると、脱毛して、元に戻ってしまうので、やめられない、という問題です。どのように向き合っていくべきか、このサイトで書いていこうと思います。



まとめ

上記の内容は、「私の場合、こうだった」という内容ですので、あくまで、参考にしていただければ幸いです。



-フィナステリド, ミノキシジル, 副作用

© 2023 フサフサへの道~育毛奮戦記 Powered by AFFINGER5